健康 睡眠

昼寝は重要です


ちょっと寝すぎましたが・・・

どうも、眠いものです。

昨日は用事で寝るのが遅かったので
昼は眠くてひどかったです。


ということで
昼寝をしたのですが、
やはりいいですね。


ウィキによると、
30分程度の昼寝が習慣化している人は
アルツハイマー病になる危険性が
0.3倍になるらしいです。


脳を使うことは大事ですが、
休ませることも非常に重要っぽい
ことがわかります。



しかし今日は1時間半ほど
寝てしまいました・・(笑)


あんまり寝すぎると
逆に披露になったり、
タイミングによっては
夜寝れないこともあります。


でも暑いとつい長く寝てしまう
習性がありますね。


この時期は夜更かしはもちろん、
普段の生活の仕方が
とても重要になりますね。


では今日はこのへんで。

健康 睡眠

いびきと睡眠


忘れてました。


どうも、部屋のカスタマイズを
相変わらずやってる者です。


やりだしたらきりがないですね!
でもいままでどんだけ適当にやってたか
身をもってあじわっています。


大事なものが埃まみれになってたり。。



まあそれはおいといて、
最近運動をしているせいなのか、
寝つきがいいと前にもお話しました。


非常にいいことなんですが、
いい睡眠をしているかどうかは別問題。


それで忘れてましたが、
いびきをよくかくほうなんですね・・('〜')


よく昔は友達に指摘されましたY(>_<、)Y


普段はもちろん一人で寝るので、
ついつい忘れることですね。



いびきをかく原因は人それぞれですが、
いーけーの場合、右の鼻の穴が狭いので、
それが原因かもしれません。


明らかにでっぱってるんですよね〜
てことでこの前ためしにエアーアップというものを
使ってみたのですが、意外にいいですねこれ。
明らかに鼻の通りが良くなりました。


すぐはがれるかと思いきや、
結構粘着力が強く、
一晩中全くはがれませんでした。



これ旅先などでいいかもしれませんね。
彼女や友達に迷惑をかけないで済みます。
いーけーは今のところそういう予定はないですが!(´・ω・`)



まあそれは応急処置みたいなもんなんで、
いつか鼻のでっぱりを治す手術でも
受けてみたいなと思います。


手術といってもすごく手軽で
1万くらいでできるらしいです。
ずっと前のテレビでみた記憶なので、
ちょっと違うかもしれないけど。


マイナス面はさっさと
取っ払いたいですね・・!



では今日はこのへんで。

健康 睡眠

時間を無駄にしない睡眠(寝起き編)


昨日の続きです。


どうも、パセリの葉はあんまりうまくないと
いっときながらさきほどムシャムシャ食ってた者です。



今日は寝起きについてです。


いーけーも寝起きがどっちかっていうと
苦手なほうです。


それで足首を上下に動かして
ふくらはぎを刺激して血流をよくする。


という対策をしてみましたが、
即効性がないような気がします・・・



あと長い間活用してる携帯のアラームのスヌーズ機能
これも意外と効果がないです(笑)


なぜかというと、
枕元に置いているのですぐ止めてしまってまた寝ちゃうのです。
用心として30分の間5分おきに設定しても同じです(笑)




けど最近はある方法でスパっと起き上がることに成功しています。
その方法とは・・・











どこにでもある目覚まし時計を
起き上がらなければ届かない位置に置いて鳴らす。


これだけです(笑)


とてもベタで原始的な方法ですが、
個人的に一番効果がありました。
やっぱり足だけでなく全身を動かすことが
重要なのかもしれません。

(一応それだけでは起きれないかもしれないので
携帯も併用しています。)



あと実感はできないですが、
すぐカーテンを開けて光を浴びることで、
体内時計がリセットされるらしいです。



まあやっぱりあれですね。
生活習慣を乱さないで起床時間を同じにする
習慣が一番大事かもです。




習慣になると大抵のことは
すんなりできるようになると思います。


まあそれが難しいんですが・・(笑)




でももう5分だけといって30分も1時間も
寝てしまって、時間を無駄にしないためにも、
日々しっかりしていかないとですね。


人生は喜びに満ちている


では!

健康 睡眠

時間を無駄にしない睡眠(寝つき編)


ちょっと調べてみました。


どうも、本棚の整理が一通り完了し、
自己満している者です。


やっぱ整理や掃除をすると気持ちがいいですね!
このことについてまた近日お伝えしようと思います。



今日は寝つきと寝起きについてです。


いーけーは今年に入って特に時間を大切にする精神
で日々生きていますが、
寝つきが悪かったり、寝起きが悪いとせっかくの時間を
無駄
にしてしまいますよね。


ということで軽く調べてみました。


まず寝つきがよくなる方法をさらっと紹介。


・寝る前は光を極力抑える。

目に光が入っていると睡眠ホルモンの
メラトニンの分泌量が低下してしまうそうなので、
寝る前はなるべく部屋の照明を暗くしたり、
パソコンやテレビは控えたほうがいいそうです。




・寝る時間おきる時間を決める

これは言い換えるとしっかり生活習慣を整える
ってことですね。
習慣になると決めた時間に体が適応するようになります。



・寝具を変える

これは金銭面も絡んでくるので難しいと思いますが、
寝具はかなり大切です。
硬い寝具などは体に余計な負担をかけていて、
寝つきに影響を及ぼします。


一時期よくみたトゥルースリーパーってのが
あったんですが、あれすごい気持ちよさそうなので、
いつかほしいですね!






・温度調整

寝るときと起きるときは適温が一番です。
熱くても寒くても嫌ですよね。



・就寝3時間前の飲食はしない

消化器官が働かなければならないので
熟睡しづらくなります。あと胃液が逆流して
食道に炎症を起こす危険もあります。


どうしても喉が渇いたりしたらカフェインをさけて
水にするほうがいいです。
コーヒーが飲みたくなったらノンカフェインの
たんぽぽコーヒーなどがいいですね。


・煙草は覚醒するため逆効果

寝る前の一服は逆効果です。
煙草はほんといいことがないです。



・性を発散

これをすると睡眠しやすくなるとか!(笑)
2人でも1人でもOK!



・考えない

個人的に一番眠れない原因はあれこれ考えることです。ストレスでいろいろ考え込むとまず寝れません。
気持ちを切り替えて無心になるのがいいですね。
(むずいかもですが)



他にもいろいろあるそうですが、
個人的に重要そうなものを適当に抜粋しました。
睡眠だけでもかなり奥が深いですね。
いろいろ勉強してみてもおもしろいかもしれません。

ぐっすり眠れる快眠術


人生3分の1が寝床なので、
この辺はしっかり考えていきたいですね!
次回は寝起き編にしたいと思います。

では!