節電

LED電球の欠点


気になる情報をキャッチしました。


どうも、割とエコ好きです。


LED電球が最近はやってますね。
このまえヨドバシでみたとき
6000円くらいでしたが、


平均価格をみると3000円を
下回ってきたようですね。


需要もかなり伸びてきて
いい感じになってますが、
苦情も増えているそうです。



例えば
10年使えるはずなのにすぐ切れた

調光用LED電球を勝ったけど
暗くすると明かりがちらつく

明るさが60ワットではなく、
40ワットほどしかなかった

光が広がらない

重い、

などです。

これはムムムって感じですね。



LED電球の特徴は、

熱を逃がす工夫されてるため
すこし重くなっている


上の部分しか光らないため
光が前方向には広がらない


よってペンダントライト、
横付け、斜め付けの照明器具に使うと
少し暗く感じることがある



そして明るさはLEDの場合
ワットではなくルーメン値というものが
基準らしいです。



そういわれる納得しますが、
気になるのはメーカーの対応。


今のところ作るのが難しい商品だから
性能のバラつきが大きい
、と。


それではちょっと納得いかないですよね・・
すぐ切れたって苦情もあるから
差が出すぎでは・・と思います。

(すぐっていっても
どのくらいかわかんないけど。)



個人的にもかなり注目している
LED製品ですが、
もうしばらく様子を見たほうが
いいかもしれません。



そのときまでルーメン値ってのを
頭の片隅に置いておくことにします。




確かにこれの表(けっこう下のほう)
をみると同じワット数でも
ルーメン値って全然違いますね。


では今日はこのへんで。

節電

eneloopいいですね


けっこう気に入っています。


どうも、自分の生活のほとんどが
エコっぽいやつです。


ずっとまえから買ってたんですが、
なかなか使う機会がなかったeneloop

充電器も一緒に買ったのですが
そこまで頻繁に使うものでもないので
わすれてたんですが、


ちょっとまえ初めて充電器を
使用してみました。


やっぱなんかこう、
いいですね!


なんかデザインもいいし
すごい得だし前からかなり
注目しています。


充電には時間がかかりますが
1個で1000回くらい再利用
できるそうなので、こっちのほうが
絶対お得です。


ふつうの電池がバカらしく感じます(笑)


なんか他のメーカーも
同じく充電式電池を出してますが、
エネループが一歩先をいってる
感じですね。


個人的に青が好きなのと、
名前もいい感じなので、
いろいろ考えたなぁと
思います。


見事にヒットの法則
当てはまってる感じです。


自分が買った頃はまだ
単3型しかなかったのですが、
今は単5以外はあるようです。


そういや単5電池を使う
電気製品ってみたことないかも。


以上、独り言でした。

節電

楽に節電


どうも、お気楽猫的存在です。




最近また札幌は最高気温22℃とか調子に乗った気温で嫌になっちゃいます(〜o〜)



今日久々に25℃くらいになりましたが、それでも7月か〜〜〜って感じです・・・








さて、最近ふと気になったのが電源タップです。


なんかよく考えてみると、常にプラグを差しておく必要はないんじゃないか、という電化製品がありました。



うちの場合コンポ、テレビ、パソコンですね。



この3つは使うときにコンセントをさせばいいと思うので、さしっぱなしは電気代の無駄です。




かといっていちいち使うたびにぶっさすのはめんどくさい(ーー;)



コンセントの中には抜き差しがきついやつがあってちょっとムカってくるときがあるし・・(笑)






そこでちょっと思い切って便利な奴を購入しました。




↑こんなやつ。(黒と白タイプを購入)



以前もこれと同じく6個口タップを使っていたのですが、差込口1つ1つにスイッチがなかったので不便でした。


けどこれは個別についてます。('∇')






今においてあるデスクトップのパソコンの近くの電気プラグはゴタゴタになってて、調べると無駄なつなぎ方になってました。


けどあ〜ゆ〜タップを導入することで余計な線を排除できてすごくすっきりしました!





やっぱ電源をいれるときはスイッチでポチッ が楽で非常にいいですね(´∀` )




これは長い目でみてすごい節電になるのではないしょうか。そして地球にも良い感じ、だと思います。('∇')






まだまだ家の中にいろいろな無駄がありそうですが、それをまた解決していくのが面白いと思った今日この頃です!


ではまた!